PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀河破壊神の海戦



コミュ限定動画のマリオギャラクシーをうpしました。

引き続き刺青MADの編集を頑張っております。
風邪引いたりしなければ11日からの連休にでも最終回とともにうpする予定です。
どうぞそちらも宜しくお願いします。


以前投稿した「L'Arc~en~Ciel個人的神曲ランキングTOP30」。
この動画のランクイン詳細を記事にしたいと思います。
俺が各曲のどこを気に入ってるか等。長いので綴じ込みにて。





※あくまでスパーク個人の印象である事を念頭に拝読をお願いします。

30位 Promised land
CDではサイケデリックな雰囲気を醸す曲ですが、ライブだと異常なまでにテンション上がるテンポで演奏されるんですよね。

29位 finale
意外にtetsuya作曲なんですよね。重圧あるストリングスや気がふれたかのようなAメロコード進行が何とも…震えます。

28位 瞳の住人
全体的なメロディーのバランスが美しい曲。kenちゃんのギターの入り方が斬新でした。

27位 forbidden lover
おそらく一番どの順位か悩んだ曲です。ライブでの映えや曲のポテンシャルはラルク節炸裂な神曲です。
ただ俺としては若干曲が長く感じました。その長さも含めて良いのは判るんですが。
これはある種の映画を観る感覚に近いかもしれませんね。

26位 milky way
L'Arcを知り始めた頃、重く心にのしかかる楽曲が多いなかで、異彩を放つ程に純粋なラブソング。
このギャップに当時衝撃を受け、凄くよく聴いていました。サビのメロがとても繊細で綺麗。

25位 Driver's High
ちょっとライブ定番曲にしては順位が低い気がするかもですが、
kenちゃんのギターがちょいおとなしく聴こえる事だけが残念なんですよね。
歌詞の疾走感が素晴らしい。

24位 ALONE EN LA VIDA
これぞL'Arcのバラード!と言える完成度。全くの隙が無いですね。
どこか郷愁感が込み上げるメロディが美しい。ホントにkenちゃんは良い仕事します。

23位 DAYBREAK'S BELL
この曲で俺が最も好きなところは、Aメロのドラムス&ベースです。特にドラム。
いや勿論他の部分も相変わらずの高クオリティです。
しかしあのユッキーが頭を抱えたと語るドラムアレンジは圧巻の一言。
ベースのスライドも相まって、世界が歪んで入り乱れるような雰囲気を創り上げています。

22位 Caress of Venus
中学時代とかにカラオケ行くとよく歌っていました。L'Arcは歌いやすい曲多いんですよね。

21位 HONEY
Caress of Venusと同様にカラオケ定番曲ですが、多分こっちの方がよく歌いましたね。
何かこれ歌うと女性は喜びますね。虹とかではそうでもないのに。
この曲を発表したあたりからhydeシングル曲のロック感が出てきましたね。

20位 NEO UNIVERSE
歌詞が素晴らしい!その歌詞に牽引されるかのように煌びやかなアレンジ。
リズム隊が特殊な動きをするのに何故か心地良い。王道な曲ながらL'Arcらしいセンスも光りますね。

19位 White Feathers
活動休止前の曲はあまり順位入りしてないんですが、この曲はそれらの中でも輝いています。
是非ともライブで聴いてみたい一曲ですね。冬の犇く雪の音が想像されるドラマチックな曲。

18位 STAY AWAY
何といっても同年代の男だらけでカラオケ行って、これ歌った時の一体感ですよ。
非常にシンプルな潔いメロディーが何ともカッコイイ。ライブでのメンバー紹介曲としても良い。

17位 fate
実はL'ArcのアルバムではHEARTを最も聴きました。初購入アルバムでしたしね。
この曲は比較的L'Arcらしい叙情的世界観の楽曲。しかし、この世界観は当時衝撃的でした。
何といっても、無駄な音がひとつとして無い。全てが楽曲の世界構築を想起させる重要なファクターになってる。
それをよくあるラブソング等でもなく、ファンタジックな情景を創り上げるセンスに驚きました。

16位 風にきえないで
teっちゃん作曲のうちでも特にお気に入りの一曲。曲の展開が切なく若々しくて良い。
Trueもホントよく聴いたアルバムですが、何度聴いても飽きないメロディの曲が非常に多い。
そのなかでもこの曲はどこか懐かしい雰囲気ながらに、色褪せない完成度です。

15位 花葬
3枚シングル同時リリースされた当時の、この曲の持つ破壊力は凄まじかったです。
ダウナーでアンダーグランドな世界観をここまでメジャーPOPに浸透させるレベルの高さ。
死への餞という軸をぶれさせずに、しかし取っ付き易さも持ち合わせる。
L'Arcの底力が如実に出た楽曲と思います。

14位 あなた
hyde作曲のバラードは非常にオケとの相性が良いですね。
節目のライブなどで演奏される、何とも優しく寛大な曲。

13位 Killing Me
hyde作曲ロックは好みの別れる曲がありますが、比較的POPな一曲。
ライブでの爆発力やhydeのノリノリ感が凄く好きです。まるで突風のように滑走する曲。
Driver's Highもこの曲ぐらいアレンジが派手だともっと上位にしてたかも。

12位 HEAVEN'S DRIVE
やはりライブでの荒々しい演奏がかっこ良過ぎる曲。
hydeが狂おしい程にロック丸出しボーカリストと化します。
そしてこの曲で一番ヘブンズドライブやってるのはベースですね。
サビではぐるんぐるんと目まぐるしくドライブしておられます。

11位 侵食 ~lose control~
ブリッジからの爆発するサビ、変拍子&転調、攻撃的な歌詞。
そのマイナー節と、これがシングルである事に、初めて聴いた時震えました。
10数年以上経った今でも、カラオケで歌って暴走したくなりますね。

10位 the Fourth Avenue Cafe
L'Arcというバンドにとっても、ファンにとっても、ある種の節目となる片割れの曲。
スカテイストのPOPな雰囲気と打って変わって、歌詞は非常に切ないのがまたね…。
15周年にて発表当時のCDサイズ盤が販売された事からメンバーの思い入れも深いと思われます。

9位 Winter fall
全てのメロディーの完成度の高さ。共生する演奏陣。冬の寒さに潜む温もりまでも感じさせてくれます。
…と言うかスキーしながら流れてたのが印象的で、しかもこの曲聴いて、俺上達したんですよねーw
そういう思い入れもあってか、L'ArcのウィンターバラードではNo.1です。

8位 Anemone
生放送でも話した事あるんですが、この曲はベストの最後の新曲だったんですね。
L'Arcの様々な神曲ばかりを聴いたトリという大事な役目を見事に果たした曲。
大河の壮大なる流転を描いたかのような世界観が素晴らしい。
Killing Me等のロックを放つhydeはこういう曲も書けたりするんですよね。

7位 MY HEART DRAWS A DREAM
露曇る朝の開放感を起点に、広がる人生の可能性を示してくれる曲。
ライブで「夢を描くよ」と合唱する場面は本当に感動します。
kenちゃん作曲の中でもメンバーの評価が非常に高い曲です。

6位 Lies and Truth
俺が初めて聴いたL'Arcの曲です。そして一目惚れ。即カラオケレパートリー一軍入り。
すぐ側にいるのに君が理解できない、とか学生の俺にドストライクでした。
バンドシーンがかなり熱かった当時、L'Arcのセンスの高さは友人達と「すげぇのが来た」と盛り上がったものです。

5位 DRINK IT DOWN
俺の実況においては何とも懐かしく、思い入れある曲ですね。
ユッキー作曲のうちでも間違いなく一番好きです。
Bメロのノリの良さがまさにデビルメイクライにマッチしてて燃える曲。

4位 Dearest Love
胸に沁み渡る曲、というのは正にこういう曲でしょう。
切ない。切な過ぎる。歌詞、アレンジ、歌唱、演奏、全てが沁みていく。
サビまで叫ぶように展開し、サビにおいて囁くように真の心情を歌い上げる。
ホントに素晴らしいバラードです。

3位 叙情詩
Dearest Loveとは全く異なるベクトルのバラードながら、その完成度は最高。
kenちゃん作曲バラードで俺が最も好きな曲です。そしてL'Arcのバラードの中でも一番好き。
歌詞、メロディーと曲の展開が一分の隙も許さない。これぞバラードと言えます。

2位 虹
この曲なくしてL'Arcは語れません。節目ライブのトリとしても完璧なるテンプレ。
メンバーが追い詰められ苦しんだ末にシーンへ帰って来てくれた時に連れ添った曲。
ファンとしてもこの曲を大切に聴き続ける事に凄く大きな意味があると思います。
そういう気持ちを後押ししてくれるかのような、力強いメロディー。
L'ArcがL'Arcであり続ける事を示唆してくれたかのような歌詞。
ライブでこの曲を聴けば、より一層このバンドが好きになれますね。

1位 いばらの涙
ファンとしても実況者としてもこの曲には強い思い入れがありますね。
hydeが古城にて悪天候のなか一夜を過ごした時に書いたという曲。
その異世界かのような雰囲気を象徴するような緊張を醸すメロディー。
そして稲妻のように降り注ぐサビ。圧倒的なその世界観が堪りません。
実況者としても、活動開始直後に初めて視聴者にウケた手応えを得た編集。
そこにBGMとして使用したのがこの曲でした。
あの嬉しさとともに、もともと好きだったこの曲が一番のお気に入りになりました。

| スーパーマリオギャラクシー | 14:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

お久しぶりです!
波瑠です(*´∀`*)

わたしもいばらの涙
大好きです~
もとまとラルクは
好きだったけど
スパさんの影響で
もっと好きになりましたぁ♪

| 波瑠 | 2011/02/08 11:52 | URL |

こんばんは!
ラルク+スパさんファンの私歓喜wwww
曲にたいするコメントを見ながら、
「そう!そうそうそうそう!」って共感しまくりです。
White Feathersのライブで聴きたい一曲っていうのが凄い共感できます。
1位のいばらの涙も、サビの激しい音とか。
心臓に直接響く感じがなんとも言えないですね!
4位のDearest Loveもてっちゃんの「え?その声、何?超音波なの?」っていうくらい高い声が本当に綺麗で、聞いているとギターの音なのかてっちゃんの声なのかwwww

何でしょう。
この記事みてちょっと嬉しくなりましたwwww
スパさん最高ww

| ひげ | 2011/02/14 00:52 | URL |















非公開コメント

http://sparkingspark.blog19.fc2.com/tb.php/510-0e41001d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。