PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

俺の夏休みⅢ 小さな命が消えた日

【ニコニコ動画】お緩りコミュ動part49 俺の夏休みⅢ 小さな命が消えた日
※この動画はコミュニティ限定です。


誰もが通る道。
幼い頃では、どうしても思慮し切れない価値基準。
それは命の重さを実感する事。

漫画やゲームや番組で当たり前のように起こる出来事も、
自分の身近で起これば、そのリアルな感触が自分のなかで渦巻いて教えてくれる。

言葉や文字の起こすドラマにただ面白がっていただけの、命の発生、消失。
それが自分の腹の奥底で、言葉も無く、文字も無く、重みを残す。
精神不安定や生理現象では片付けられない、何か自分を変えるものが其処にある。

身近にあった何かが死んだ時、重みをやっと実感できる。
それまで当たり前のように其処にあった命が、もう今からこの先にいなくなる。

子供というのは、ものの価値や加減を知らないのが普通です。
ただ、自分で経験して、悲しんで苦しんで、それでやっと成長できる。
俺は生まれて初めてそういう気持ちになった日を今でも憶えています。
小学校2年生の春、飼っていたヒヨコが一羽、餌を食べすぎて死にました。

すべて自分のせい。
情けない事に、その時は何故こんな事になったのか判らず、ただ泣くだけでした。
ただ可愛がっていただけなのに、気付いたらもう死んでしまっていた。
一晩中泣き、しばらくご飯を食べれませんでした。

苦しませてごめんねと謝りたくても、もうあのヒヨコは何処にもいない。
だから、ヒヨコが教えてくれた重みは、絶対に忘れてはいけない。



今回は、そういうお話です。




| ぼくのなつやすみ3 | 19:51 | comments:50 | trackbacks:0 | TOP↑

うぽつです。

確かに命の重みというのは失って初めて分かるものかもしれませんね…。人は失うことでそれがどういうことかというのを学ぶ。それは凄く悲しいことだと思います……。

それでは、見てきたいと思います。

| にゃごと | 2009/10/05 20:12 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/10/05 20:38 | |

うp乙ですm(_ _)m

幼いころは悲しむ事しかできませんよね。
僕も小さいころに癌で友達を亡くしました。
そのときはすごく悲しかったです。
でも、やっぱり僕も幼かったです。

今から見てきます。

| (-ω-●)ぬー | 2009/10/05 20:39 | URL | ≫ EDIT

初コメです。

…今回は若干シリアスな回なのでしょうか…
確かに身近な動物や人が亡くなった時には何とも言えない悲しみと同時に、私の場合は計り知れない恐怖が襲ってきます。「いつかは自分もこうやって死ぬんだ…」と思ってしまって暫くの間、そんな恐怖に押し潰されそうになったりもしますねぇ。

凄く見たいのですが今はちょっとパソコンが使えないので、また明日拝見させてもらいます♪

| あかね | 2009/10/05 20:40 | URL | ≫ EDIT

今回もうぽつです。

僕は僕夏の1をしたことがありましたが、当時は虫くらいしか面白みをを見出せていませんでした。

だけどスパークさんの動画をみて僕夏の深さを知ることができました。

やっぱり死というものは実際に体験してみないとわからないものですよね。

失ってからそれの存在の大きさに気付く・・・。なんだか悲しいですね。

| なごみ | 2009/10/05 20:47 | URL |

うpお疲れさまです
コメを書いといてから見ることにします。

僕は小6のとき、友達と喧嘩して仲直りをしていないまま、別々の中学に行ってしまいました。
ちょっとちがうような気もしますが、スパさんの言う意味はなんとなくわかるきがします。

では見てきます。
僕も、「ぼくなつ」の4日目をプレイしようと思います。。

| Hisashi | 2009/10/05 20:56 | URL | ≫ EDIT

スパークさんこんばんは。

命の重み。胸が痛むお話です。
私もハムスターを自分勝手な飼い方をして死なせてしまいました。
しかも、何もわからない子供の頃じゃありません。19の時です。
しばらくは息もできない程泣きじゃくりました。
それ以来、私には命を扱う資格はないと思っています。

こういうゲームは、疑似体験をさせてくれるのがいい所ですよね。
この体験で、現実で何かを失うことを防げれば一番いいのですが…
そう上手くいかないのが人生ですよね^^;
私も、失ったもの、傷付けたものの大切さを忘れずに、強く生きれたらと思います。

| ふうしゃ | 2009/10/05 21:00 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/10/05 21:00 | |

(´;ω;`)ブワッ

| ji | 2009/10/05 21:14 | URL |

うp乙です。

見る前から、
色々な事を思い出して泣いてしまった…。

おばあちゃん…(´;ω;`)

| ミリィ | 2009/10/05 21:31 | URL | ≫ EDIT

サンシャイン…
東京都民のはずなのに2回しか行ったことがない私は何処の田舎者でしょうか…???

今回は、命の重みを知りましたね…

私も、誕生日プレゼントとしてリスを飼ってもらったんですけど、一ヶ月もしないうちに風邪をひいてしまって死んでしまいました…

親が共働きで家に居ないので、家に帰って来てからリスを眺めるのが唯一の楽しみでした

リスは、懐くのに時間がかかって、やっと懐いてくれた所で死んでしまったのでずっと泣いていましたね…

次の日学校だったのですが、母に無理を言って休ましてもらい、マンションの下にある小さい遊び場の木の近くに埋めましたね…

その日、母と、「動物病院に連れて行ってれば死ななかったかもね…」と死んでから悔やんでいました…

今思うと、死ぬほど風邪が辛かったはずなのに、病院に連れて行かなかった自分が何より許せないですね…
リスだって人間と同じ「生き物」なのに…

あの日の夜の出来事はいつまでも忘れられません…

暗い話ですいません…

| 黄身 | 2009/10/05 21:32 | URL | ≫ EDIT

うp乙です!

今回は、スパさんから命の重みを教わった回でした。
自分も小学校低学年の時に、カブトムシをいただいて育てていたことがありました。でも、その時は正直カブトムシは欲しいと思っていなかったし、虫が苦手な自分はろくに世話をすることもしませんでした。
死んでしまったときも、あまり寂しいとか悲しいと言う感情は無かったのですが、今回の動画とブログでのスパさんの話を聞いて「自分は命を粗末に扱うひどい人間なんだ」と感じてしまいました。

でも、今回の動画で過去の過ちを悔いることができたいい機会だったので、2度と同じ過ちを繰り返さないことを心に誓おうと思います。

今回も、命について深い話をありがとうございました。

| kyou | 2009/10/05 21:49 | URL |

私もそのような経験はあります。

育てていたのはクリオネ(のような生き物?)でした。
クリオネはたくさん生まれ、ガチャガチャで購入したのもあって幼い私はクリオネが「生きている」感覚を殆ど持たずに育てていたような気がします。
餌をあげるのは死んでしまうから。ただそれだけ考えて餌をやっていてました。
しかしやがて段々興味がなくなってきて餌をやらなくなり、所狭しと泳いでいたクリオネは全て死んでしまいました。

私は悲しみましたが、心から悲しんでいたのでしょうか。


幼さは怖いですね(・ω・`)
今では全く他人の死でもかなり悲しいのに。


長文失礼しましたーっ!

| とづ | 2009/10/05 22:00 | URL | ≫ EDIT

スパさん、こんばんは
僕も昔飼っていた金魚に餌を与えすぎて死なせてしまいました。

死なせてしまった金魚にできる償いは同じことを繰り返さないことだと思い、今飼ってる金魚達には適量与えています。

今回の動画はそのことをもう一度考えさせてくれる動画になりました。


| はらまる | 2009/10/05 22:18 | URL |

うぽつです!

私も同じく小学2年の時
飼ってた犬が死んでしまいました。

クリスマスにプレゼントを貰って
はしゃぎすぎて足元にいた犬に気付かず
犬の足を踏んでしまい…
歩けなくなりだんだんと弱って…。

その時、飼ってた犬は既に17歳で
年齢のせいもあったかもしれないけど
やっぱり自分があの時…と、
考えこんでただただ泣いてました。
私が生まれた時から当たり前のように傍にいたのに
とても受け入れられませんでした。

それから、毎日手紙を書いたり
ごめんねごめんねと言ってました。
いつか自分も天国に行ったら
一緒にいっぱいいっぱい遊びたいです。

あの時から将来の夢は獣医さん(でした←
…血を見ただけでクラッとくるので
最近諦めました(´・ω・`)

長々と過去の話を失礼しました!

| みき | 2009/10/05 22:19 | URL |

見てきました 

最初の出落ちは最高でした! 

サンシャイン…で声だして笑いそうになりました 

ボク君は泳ぐのが異常に上手いですよね 

一回腕を動かして泳ぐ距離が半端じゃないですね 

おじいちゃんはぼけたのかと思いました 

人の判別もできなくなるくらい酒を飲むのはおじいちゃんなんだから身体に悪いですよね 


今回の記事でスパさんは命の大切さについて書いてますが見た時亡くなった友達のことを思い出してちょっとだけ涙がでました 

死んでからは遅いんですよね 

自分は友達が亡くなる前に最初は海で溺れて意識不明の重体と聞きました 

それでまさか亡くなるなんで思ってなかったのであいつなら大丈夫だろ、と思って意識が回復したらお見舞いに行こうかなと思っていました 

それで心臓が動いたと友達から聞いて安心していたらまたすぐに心臓が止まったと知らされました

それで次の日の学校帰りに友達から亡くなったと聞かされました

いきなり死んだと言われたので全く信じられなくて何回か嘘でしょ?と聞き返したのですが死んだとしか答えは返ってきませんでした

それで自分はなんであいつが苦しんでる間にお見舞いも行ってやれなかったんだと後悔しました

その日は亡くなった友達の家に行き線香をたいて次の日は葬式に行きました 

葬式に行った日は独りで泣いていました
次の日には告別式があって最後に亡くなった友達の顔を見てきました 

周りの人はほとんどの人が泣いていて自分もその時が一番辛かったんですが亡くなった友達は笑顔でした 

だからあいつが笑ってるんだから自分も泣いちゃ駄目だと思い必死で涙をこらえました 


話が長くなりましたが自分は命の大切さをその友達から学んだんですがどんな命でも大切にしなくてはいけないんですよね 

自分は猫を飼っていて今年で10歳になるんですがもう絶対亡くなってから後悔はしたくないので大切に育てています 

長々と暗い話をしてすみませんでした

次回も楽しみにしてます!

| ヤサイジン | 2009/10/05 22:32 | URL |

こんばんは。
動画うpお疲れ様です。

命の大切さをわかるというのは難しいことだと思います。

実際に命の切れ目に遭遇した人というのは、その分命というものを知るのだと思います。

私も小さいころに飼った文鳥を不注意で踏んでしまったことがありました。
病院に連れて行ってなんとか大丈夫だったですが、片方の羽とクチバシが曲がってしまいました。
それでも生きていたことが嬉しかったです。多分、その時初めて嬉し泣きというのをしました。
踏んでしまったことをたくさん後悔しましたが、それでもその子は私に懐いてくれました。

そんな大好きだった子も一昨年、十数年の生涯を終えました。
朝いつものように母が起こしに行くと、老衰で眠るように亡くなっていました。文鳥としてはとても長生きでした。
最後の数年は目も見えなくなり、飛ぶことも出来なくなっていましたがそれでも私の手に乗ってくれたりしていました。

とても近くにいた、自分にとって友達のような存在だった子が居なくなったことにしばらく立ち直れず、学校も休みがちになったこともありました。

命を失うということは大人になっても辛いものです。
でも、それを乗り越え糧にしていくことで人は成長していくんだと思います。
命の切れ目に遭遇するということも大切なことなんだと思いました。

長々とつまらない話をしてすみませんでした;;

今から動画見てきます。

| 否 | 2009/10/05 23:14 | URL |

質問

質問です。前回のことで、キャプチャ開始で録画するんですけど、
ハードディスクの空き容量が不足しているか、
ハードディスクが書き込み保護に設定しているか、
ファイルパスの名前が長すぎるか、とでるんですがどうしてでしょうか?

| tp | 2009/10/05 23:35 | URL | ≫ EDIT

うpお疲れ様です!

切なものほど、失ってからその大切さに気付くんですよね。

一緒にいるのが普通と思うのではなく、
一緒にいられることに感謝をしながら生活したいです!

友達も、両親も飼ってる猫も犬も。
私に関わってくれる人たちみんな、
大好きですから(*^_^*)
大切にしたいな、と思いました!

ツバメの巣のパトロールとイカ飯のお世話
頑張ってくださいね!

| ミケ | 2009/10/05 23:38 | URL | ≫ EDIT

うpおつです
今日から20代入りしたので
お酒飲みながら動画拝見させてもらって
大人の仲間入りをします(*゚3゚)
見に行ってきます(○´∀`)シ

| ひょ | 2009/10/05 23:39 | URL | ≫ EDIT

うp乙です

うp乙です。
ブログをみて、命の大事さを知ったきっかけを思い出しました。
自分の管理不足で、犠牲になったザリガニ、クワガタ、小さいときの残虐なる遊び心で犠牲になったカエル、アリなどを思い出します。
どれも自分のせいでとってしまった命で、すごく反省し、後悔しました。
その犠牲を無駄にしないように、ここ十年は小さな虫でも、できるだけ殺さないようにしています。
またその犠牲から、自分が一日でも長く生きたいように虫も一日でも長く生きたいんだな、虫の命を自分の手で軽々と奪ってはいけないって思うようになりました。

たまには、当たり前のように感じていても、命の大切さについて思い出さないといけませんね。
命の大切さを再び考え直す機会になりました。ありがとうございます。

ツバメの巣の警備がんばってくださいね。

次回楽しみにしています。

| スタ | 2009/10/06 00:59 | URL |

うぽつです。
俺も祖母が亡くなったのを思い出しました。
母が泣いていて、祖母は棺で花と一緒に眠ってる。
止めようと思っても止められず、ただわけもわからず泣いていました。

なんだかしんみりしちゃいますね(´・ω・`)
ニコニコするのもいいのですが、たまにはこういうのも必要だとか思えるから不思議です。

| Low | 2009/10/06 02:18 | URL | ≫ EDIT

うp乙です!
私のおじいちゃんが最近亡くなりました。家が近くなかったので一年に2、3回会う程度なのに小さい頃からすごく人見知りな私はずっとお母さんの後ろに隠れているばかり…。ろくに話をしませんでした。亡くなったと聞いたとき、そんな実感はわいてこなくて
でもお葬式のとき、入り口に大きな写真が何枚か飾られていて、その中の一枚が生まれたばかりの私と私を抱いて笑顔で写るおじいちゃんがいました。なんで自分のことを好きでいてくれる人に素直にお返しが出来なかったんだろうと今でも後悔しています。その時になって漠然とだけれど命の重さを感じました。
スパさんの言葉を見て、そのときのことを思い出しました。

周りにあるかけがえのない命を大切にしよう、と改めて思えました。

| ぐりこ | 2009/10/06 02:38 | URL | ≫ EDIT

スコッチエッグとはゆで卵をひき肉で包んでコロッケみたいに揚げたイギリス料理ですよ。
自分もテイルズ(ヴェスペリア)に出てきて、初めて知りましたwww

| 霧明(きりあき) | 2009/10/06 05:31 | URL | ≫ EDIT

うぽつです。

命の重さ、ですか。
まだ見ていないので内容は分かりませんが、
命の重さなら分かっているほうだと思います。

小学校の頃、友達を事故で失くしました。
一昨年、親戚の方二名が急に亡くなりました。
・・・あのころは、本当に『何で?』としか、
思いませんでしたが、一昨年の一件で、
やはり出会いがあれば別れがあり、
生があれば死があると、改めて思いましたね。

暗くなってしまいスミマセンでした。

| 藍色 | 2009/10/06 06:32 | URL | ≫ EDIT

うぽつです。
昨日忙しくて見れてないので
今日見ようと思います。

自分もスパさんのブログ読んで
今まで出会った死を思い出しました…

失くしてから後悔するほど
悲しい事はないですね。

大切な事を思い出させていただきました
ありがとうございます(^^)

次回も楽しみにしてます!

| ぽん | 2009/10/06 07:06 | URL |

どうも

コミュで紅い蝶+ぼくのなつやすみ+バイオ5(ACT.24まで)拝見させてもらいました

紅い蝶は鳥肌がやばかったです お姉ちゃんが…
あらすじ曲も自分の知らない曲ばかりでしたが紅い蝶に合ってるなと思えました

ぼくのなつやすみは雛守れなかったのが残念ですね
昔、俺のばあちゃんの家にニワトリがいたんですけど野良犬に食べられたというのを思い出しました 悲しい事です
僕くんには頑張ってもらわないとですね(笑

バイオ5の方もついに終わり近いですね
FAINAL期待ですね

ぼくのなつやすみもバイオ5(編集)もSIRENも頑張ってください
ドラクエソードはバイオ5が終わってから拝見させてもらいたいと思います

長々すいませんでした
ではでは

PS.記事の方もゆっくりですが拝見させてもらってます
早く追いつきたいと思います

| 空舞 黒龍(くうぶ こくりゅう) | 2009/10/06 13:22 | URL | ≫ EDIT

命ってのは難しいものです。
今回のぼく夏はなんだか寂しさの残るパートでしたね(´・ω・`)
反省点もたくさんあったようで。
次のうpも楽しみに待ってます!

| そと道 | 2009/10/06 13:31 | URL | ≫ EDIT

どうも、初コメです。
いつも楽しく動画を拝見させていただいてます。

僕は3歳のときの記憶は消えません。

そのころ近くに牧場(?)がありヒヨコなどに触ることがいつでもできました。
しかし3歳の僕にはヒヨコがとても怖い存在で、触れなかったのですが、姉が無理やり手に乗せたのです…
当然のことながら驚いた僕はそのヒヨコをあろう事か握り潰してしまったんです…
弱ったままゲージに帰っていきましたがあの後すぐ死んでしまったのだろうと思っています…。

あの後10数年たった今でも家族は笑い話にしてますが、その話をされるたびに悲しくなります…。

他にも家で飼っていた金魚も金魚鉢を洗う為に別の水槽に移したところカルキ抜きはしたはずなのに死んでいました…。
死体を埋めにいく最中突然のことだったので訳もわからずただただ呆然としていました…。

今ではこのようなことがあったせいか何の生き物も飼いたいという気はおきません…
初コメがこのような話で申し訳ありません。

では今から動画を見てきたいと思います。
ながながと失礼しました。 次回upも楽しみに待ってます。
イカ飯の世話とツバメの巣のパトロール忘れないよう願ってます。

| ラビック | 2009/10/06 19:04 | URL |

おまいらのコメで泣ける
(´;ω;`)

| | 2009/10/06 21:29 | URL | ≫ EDIT

うp乙です。

命というのは普段は至極当たり前のことのように思っていても、いざそれがなくなってしまうととても尊いものだったんだと改めて気付くものです。出会いは別れの始まりで、別れは出会いの始まりだから別れる時は笑顔で別れるのが一番いいとよく言います。でもやっぱり悲しいものは悲しいですよね。ぼくなつは全シリーズを通してそういう出会いと別れを、時にはコミカルに、時にはシリアスに描いてある作品だと私は思っています。たかがゲーム内での擬似的な死だったとしても、子供の頃には分からなかった人や生き物との永遠の別れを再び思い起こさせてくれます。誰だって死に遭遇するのは出来ることなら経験したくないですよね。でもいつかは経験しなくてはならないのだと、直接的ではなくとも教えてくれる。とても素晴らしい作品だと思います。

私ももう何年か前に祖母を亡くしました。当時は部活で忙しく、近所だったのになかなかお見舞いに行けませんでした。亡くなったと聞いた時はなかなか実感がわきませんでしたが、通夜や葬式でもう動かなくなってしまった祖母を見て、ああ、もう祖母と話すことはできないんだなと思うと、涙が溢れてきました。もっといっぱい話せばよかったとか、もっといっぱい遊びに行けばよかったとか、今更ながら後悔しました。今でも祖母のことを家族と話すと、胸の奥がなんとなく痛む気がします。

長々と長文駄文を失礼致しました。ツバメの巣のパトロールとイカ飯のお世話、忘れないように頑張ってください。では、失礼します。

| なっ↑ちゃん↓ | 2009/10/06 21:39 | URL |

記事をみて傷心な私です;

小さいときに生き物が死ぬと大きくなっても覚えているものですよね・・・

私が初めて生き物の死にあたったのは幼稚園児のとき大切にしていたてんとう虫を誤って金属製の小さなポールの中に入れてしまって・・・出てくると思っても出てこなくて泣きまくっていたのを覚えています;

それからもいろんな動物の死にあたって来ましたがその度に「今までありがとう」って気持ちになります。

そうやって子供は成長していくのかな?

グダグダとすいません;
うPお疲れ様です行ってきます

| 甲斐の犬 | 2009/10/06 21:54 | URL | ≫ EDIT

うわっ。

ネタかと思ってコメ欄開いたら・・・
真剣な場でした・・・すんませんorz

とりあえず他人の痛みが分かる大人にはなれたと思います。

| | 2009/10/06 22:56 | URL |

スコッチエッグとは・・・
  ウズラの卵のゆで卵が中に入ったハンバーグを
  パン粉をつけて揚げる食べ物だよーww

いつも応援してますwゆっくり楽しくおゆるりと
頑張って下さいww

| クレヨン | 2009/10/06 23:17 | URL |

人は経験して成長しますね。
私は小学1年のときから
死を経験してからというもの
異常なまでに死について
執着してしまい、母に
たくさん心配かけました。

失って初めてわかる大切さ
ってありますね、ぼくなつは
たくさんの尊い命が存在していて
…本当に素敵なゲームです。
今回スパさんが最初の方で
サイレンからこのゲームをすると…
っておっしゃっていましたが
それ、すごいわかりましたよ^^
緊張感がとけ安心に変わって。
サンシャイン…!言いたくなりますw


今回も癒しをありがとう、
スパさんもうぽつでした!

| thipi | 2009/10/07 00:41 | URL | ≫ EDIT

何事も経験、と言ってしまうと聞こえが悪いですが、何か起こらないと気がつかないのが人間です。何度も失敗を繰り返して学んでいき、そして予防ができるようになるものですよね。

次回も楽しみにしてます!SIRENの恐怖との戦いもがんばってください…!今度友達と一緒に見てみようかな…。

それでは失礼します。

| sorako | 2009/10/07 03:46 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/10/07 05:57 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/10/07 10:28 | |

小さいときにひいおばあちゃんが死んでしまったときに
周りの大人が泣いているのを見て、
「くすっ」と笑ってしまったのを覚えています。
今思うとなんて自分は最低で未熟で幼かったかというのが
わかります。

だから早く大人になりたいなあって思います。
人の気持ち、動物の気持ちも、常に考えて
生きていきたいですね。

動画の最初のサンシャインには笑ってしまいましたww
楽しい動画をいつもありがとうございます!

| マダム | 2009/10/07 12:13 | URL |

うぽつです
自分はまだ祖父も祖母も家族も元気なので「死」というものに直接感じたことはありません。

でも、いずれはみんな死んでいく
そんな時に失って初めて分かる気持ちそれを大事にもてれるように生きていきたいです。

PS.台風にご注意を~

| rad | 2009/10/07 15:43 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/10/07 17:21 | |

うp乙です

今回のぼくなつ3は
すごいリアリティありましたね・・・

大体のゲームはヒナとかしんだりしない
っていう固定観念を持ってるんですが

「ぼく」が怒られたり ヒナが死んじゃったり・・・

色々な責任と命の大切さを教えてくれるゲームですね


ゲームの中でも命の終わりってあるんだ
って事を今の小さな子どもたちに教えるためには

ポケ〇ンとかしてる前に
こういうゲームをしてみたら
日本は少しでも変わるのかな?と少し感じました。


| わかな | 2009/10/07 18:00 | URL | ≫ EDIT

うぷお疲れ様です。結構前からブログはのぞいているのですが、今回初めてコメントさせていただきます。

私は今は猫を飼っているのですが、数年前は猫と一緒にちいさなうさぎを飼っていました。ピーターラビットの種類のうさぎさんですごく可愛くて、家族みんなで可愛がっていました。

スパークさんの記事を読んで、そのうさぎが死んでしまった日のことを思い出しました。まだ幸いなことに人間の死は目の当たりにしたことがない私は、うさぎが死んだときもはじめは死を受け入れられませんでした。当時もう高校生くらいだったけれど、死が理解できずに初めは涙も流れなかったです。うさぎの亡骸をみたら死を受け入れなきゃいけない、そう思った私はうさぎの亡骸をなかなか見ることができませんでした。

どんなに映画で人が亡くなるシーンでないたって、やはり実際に死を目の当たりにすると全然違うものなのだなと思った記憶があります。

スパークさんの記事のおかげで久々に家族でうさぎの話をしたり写真を見たりして思い出しました。ありがとうございます。

どんなに小さな生き物だろうと、命はとても尊いものですよね。

| mao | 2009/10/07 22:29 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様です。
ツバメの子が亡くなった時に、こんなに
重く受け止めてしまうスパさんは、
「命の重み」を本気で考えられる人なんだと
思いました。
うわべだけで言っている人には、ゲームの中だからと
軽く考える人も居ると思います。
今は、「子供に”死”を見せたくない」という親も居る
ので、命の尊さを感じる事はできない環境にあるのも現実。
保健所に送られてくるわんこやにゃんこも、そういった
家族から連れられてくる事も少なくないようです。
「命の尊さを知ったからもういらない」と処分を依頼してくる
飼い主もいるようです。。。
悲しいけどこれが現実・・・
小さい頃の生き物の”死”は、本当に何も考えられなくなる
一方で、いろんな事を後々考えさせてくれる経験ですね。
そんなスパさんに少しの間だけど、愛情を注いでもらえたひよこちゃんは
スパさんにとても感謝してるでしょうね。
ぼくなつは、結構いろいろな事を考えさせてくれるゲームなんですね。

| みるる | 2009/10/08 02:24 | URL | ≫ EDIT

連続コメ、失礼します。

ぼくなつはイメージ先行で、こういうお話はないものだと思っていましたが…実は、いろいろなことを考えさせてくれるゲームなんですね。

わたしも小学生のときに飼っていた、うさぎの事を思い出しました。
引き取り手がなければそのまま保健所に連れられて、殺されていた命でした。
大切に育ててきましたが、原因不明の病で亡くなりました…激しい痙攣で、鳴いていた姿を思い出すだけで、涙があふれてきます。

その当時、私は高校生で、父の死や、身近な人が亡くなったことを経験した後の出来事でしたが、何も考えられないほどになったのは初めてでした。
そして、きちんと向き合えたのも、このときが初めてだったと思います。

うまく言葉にできませんが、ぼくなつはその裏のテーマがとても大きいのだな、と思いました。
痛みを知って、得たものは変え難い経験、なのだと。

長くなってしまって、申し訳ないです;;
次回も楽しみにしています*

| nico | 2009/10/08 04:49 | URL | ≫ EDIT

うpお疲れ様です!

私は昔落ちていたひよこを助けようと思い持って帰ったことがあります
親もみみずを獲ってきてくれて一日育ててました
でも病院に行ったら獣医さんに鷹の子どもだから元に戻してきなさいと叱られました・・・
ひよこの親が見つけたら襲われるそうです。
私はその時の感情で動いてしまってその先を考えてませんでした
そのまま育ててたらもしかしたらひよこは死んでしまってたかもしれませんね・・・

おっとなんか暗くなりましたwごめんなさいw

今回は最初から腹筋がwwwwwww
サンシャインwwwwwえろいw

イカ飯に毎日ミルクあげてくださいww

では!次回も楽しみにしています!

| ゆめ | 2009/10/08 20:48 | URL | ≫ EDIT

うpお疲れ様です

僕はハムスターを二匹飼っていました
雄と雌で無事に子供も生んで良かったのですが
ある日雄が死んでしまいそれを追うように雌の方も
すぐ死んでしまいました
雌の方は檻から抜け出して指を噛まれてすごく痛くて
腹が立ちましたがいざ無くなってしまうと
寂しくなりました・・・


話代わりますけど
イカ飯に飯をくれぇぇぇぇwwww

| husuma | 2009/10/08 21:44 | URL |

遅くなりましたがうpお疲れ様です
私も昔子猫を拾ってきた事があったのですが
ふと目を離したうちに外にでてしまい車に轢かれて死んでしまったことがありました
目を離さなければよかった、もっと可愛がってあげたらよかったなど沢山後悔したことを今も覚えています 小学生でしたが、自分の大切なものが死んでしまうのはこういう事なんだ、と思い涙が止まりませんでした
ぼくなつは、ゲームを通して命の大切さをし教えてくれるゲームだと思います

なんだか暗くなってしまいましたが実況とても
おもしろかったです^^*
次回の実況も楽しみにしています!
スパークさんもお体に気をつけて!

| かりん | 2009/10/09 01:30 | URL |

遅くなりましたがうぽつです!

私も昔ほんとにまだ小さい頃、兄が買ってきてもらったヒヨコを死なせてしまったことがあります。
私はその時の記憶はありませんがヒヨコが死んでしまった時、兄はとても悲しんでいたそうです。
今思うととてもひどいことをしてしまったなと後悔しています。

今回命の重さを改めて実感させられました。

| ふぶき | 2009/10/09 15:04 | URL |

うpお疲れ様です!

どんなに小さな生き物でも同じ命なんですよね・・・
小さい頃そのことに気づけず、粗末に扱っていたことがありました。
今更になって後悔、でもその命はもう戻ってこない。
失ってから気づく、それじゃだめなんですよね。

犬を飼いたいと簡単に口にしていたけど、
今一度、自分にその犬の世話をしていくことができるのか
よく考えようと思いました(´ω`)

次のうpもお緩りと待ってますね!

| あらきょう | 2009/10/09 22:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sparkingspark.blog19.fc2.com/tb.php/331-be53d1ce

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。